スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月28日(木) ~草野球塾 第六回…性格からみるポジション適正~

草野球に触れてしばらく経ち、『このポジションにはこんな人が良い』というものが見えてきました。

今から野球を始める際、どのポジションをやりたいかを考える人もいるかと思います。
また自チームでどうポジションを振り分ければ良いか悩む時もあるかと思います。
そんな時は参考にして頂ければと思います。
(※あくまで個人的な考えです。)

ポジション別に、向いている性格と必要な技術に分けて紹介したいと思います。

 性…向いている性格
 技…必要な技術
 他…その他ポイント

【ピッチャー】
性…負けん気が強い(肩が丈夫だとなおよし)
技…ストライクを簡単にとれる制球力
他…スピードや変化球がなくても全く問題ありません。

【キャッチャー】
性…常に冷静で気配りができる、または試合をコントロールしたい人。
技…セカンドまで正確に送球できる能力。
他…肩の強さも大事だが、それ以上にコントロールが重要。

【ファースト】
性…守備機会を得たいと思っている人。
技…捕球に関してはチームで最も優れているレベルが理想。
他…細かい機動力や肩の強さは不問。

【セカンド】
性…打球が飛んできても冷静に対応できる人。(草野球のセカンドは守備機会が少なく、気持ちを切らしがち)
技…ゴロを止める技術
他…捕球技術は不問です。前に落とせば十分に間に合います。

【サード】
性…守備で目立ちたい、またはミスをしても全然落ち込まない人。
技…打球を前で止める技術とファーストまで正確に投げる技術。
他…捕球の巧さより球を前で止める気持ち、肩の強さよりワンバウンドでも正確に投げる技術。

【ショート】
性…内外野の守備全体を引っ張りたい、または派手なプレーで目立ちたい人。
技…ファーストまで正確に送球できる肩の強さとコントロール。
※難しい体勢からの送球がサードより多いため、ある程度の肩の強さが求められる。
他…中継プレイや牽制など、細かい動きを理解して瞬時に指示を出すことも求められる。
※守備機会は少ないが、一番難しい打球が飛んでくるのがショート。

【レフト】
性…守備より打撃で貢献したい人。
技…中継まで返球できる程度の肩があれば問題ない。
他…バックホーム送球を求められる機会は少ないため、どちらかというと守備が苦手な人がつくポジション。

【センター】
性…守備より打撃で貢献したい人。
技…中継まで返球できる程度の肩があれば問題ない。
他…レフト、ライトよりは外野の動きをある程度理解している方が良いかもしれない

【ライト】
性…守備より打撃で貢献したい人。
技…外野三人の中では肩の力が求められる。(ライトへのゴロを一塁アウトにする場合やランナーの三進阻止など)
他…内野ゴロのファーストカバーなど、外野三人の中では一番動きがあるポジション。

※外野につく場合は、フライの捕球感覚はイメージしておきたい。
 (前進か後退かの判断を瞬時にする必要があるため。)



【チームの守備、まずはここを強化!】
1.ピッチャー
⇒ストライクが入らないと試合にならない

2.キャッチャー
⇒パスボールばかりだと試合がしらける

3.サード
⇒草野球では一番打球が飛んでくるホットコーナー

4.ファースト
⇒内野からの送球をポロポロされたら試合が進まない




高校野球やプロ野球ではセンターラインから順に強化していくとか、メジャーリーグでは一番上手い選手をショートに置くといった傾向がありますが、草野球は全然違います。


草野球には特有の『勝ち方』があると思います。
それを理解した上で守備を編成しないといけません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。