スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月9日(土) ~クラフ列伝 第五回 この火は届くのか~

いち草野球チームの小さな小さなドラマを紹介する、クラフ列伝。
第五回の今日はクラフレックスに点いた"火"を紹介します。


-------------------------


ピッチャー宇野



2011年03月27日
vs タイアンツさん
久御山中央公園




初回10失点。
大きすぎるハンデで試合が始まった。

先発の宇野はこの日の一試合目でも完投していた。
公式戦が一日に二試合入っていたが、宇野の他に投手がいなかった。
やはり一度冷えた肩は言うことを聞いてくれなくなっていた。

2回はどうにか本来の姿を取り戻す。
初回が嘘のような好投を見せた。

打線も意地を見せる。
1-10、2-10、3-10、4-10。

クラフレックスのムードは良い。
まだ死んでいない。
追加点も許さない。

流れは完全にクラフレックス。
"灯火"が"火"になりつつある。

5回は2球で2死を取られてしまったものの、まだ火は消えなかった。
純平のヒットを皮切りに大技小技で5点を奪った。

ついに1点差。
小さな"灯火"が"火"に変わっている。
相手を飲み込まんとする"火"。

次打者は監督。
初球をジャストミート。
同点の期待を乗せた痛烈なライナーは惜しくもショート真正面だった。

"火"は届かなかった。
クラフレックスは最終回に3点を失い、結局9-13で敗戦。


"灯火"は"火"にはなったものの、"炎"にはなれなかった。
確かに良い追い上げだった。
しかし、結果は一回戦負け。

しかも二大会連続の一回戦負け。

しかし、それでも。

『クラフレックスはこんなもんじゃない』
悔しさという"火"が、勢いという"炎"に変わる時が半年後に訪れる――


-------------------------


『追い上げたのに…』
『あともうちょっとだったのに…』

そんな試合ほど悔しさは増大するものです。
良い思い出より悔しい思い出の方が強く残るのは不思議ですね。



クラフ列伝はもうちょっと続きます。

次回予告
~代わったところから繋いだ意地~
スポンサーサイト
コメント

完全にピッチャーが試合壊しましたからね。
しかもバイトで途中帰らないといけないとか、一番最悪なやつでしたよ。
4月から任せてください。

>うの

二試合投げてくれただけでも十分凄いと思うけどねえ(^^;)
四月から復帰すんの?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。